日記帳

いろいろ つぶやき



毎日こんなに辛いのに
離島にまで行かなきゃならんとは...

しかも口もきかない、目も合わせない、毎日陰口を大量に言ってくる奴と班が一緒で、数日間絶えず側で暮らさなきゃならんなんて...

でもそれに対して鬱になる暇もないくらい、毎日それ以上に他に辛いことがたくさんありすぎて
自分が病院のトイレでほぼ毎日泣いてるのが、何に対してなのかももうよくわからない
色々麻痺している...
問題はこれよりもさらに辛いことが一年間待ち受けてることだ

最悪死のう

疲れて家に帰っても、朝までに100枚近くプレゼンの資料作って
持って行って

で、結局全部作り直し命令されて終わり

毎日毎日その繰り返しで、みじめすぎて笑いながら泣いてしまう


とにかく何にも追われずに寝たい...


腐った体制


最近はポニーテールすら不可の決まりがあるから

昨日は夜にシニョンを買いに行ってきた。


本当バカみたいな髪型....

アイデンティティの崩壊....

ああ辛い。


あとは「研修生は絶対に椅子に座ったらいけない」というシゴキみたいなルールがあるから

毎日7〜8時間ずっと立ちっぱなしなのも辛い。


どこの自衛隊だよ...


いろんな部分で前時代すぎて腹が立つことが沢山ある。


休みが欲しいよー( ;  ; )





f:id:gkurukuru:20161004195302j:plain



この間レイトショーで観てきた君の名は。

すごく面白かったー


USB




臼歯型のUSBを買った

ちゃんと本物の形態してる


f:id:gkurukuru:20160928151418j:plain


学校で毎日必要だから嬉しい。そして可愛い...








パソコン

今日は電子カルテの作成、操作研修があった。

パソコンなんかワードとパワーポイントくらいしか今まで使ったことないのに、あんな一気に全部を説明されてもちんぷんかんぷんに決まってるやないか。ばかやろう。



でも今日はめずらしく昼休みが1時間もらえたから、

学校から歩いて、この間福山雅治が来たというイタリアンで食事してきた。



f:id:gkurukuru:20160926191616j:plain


すごーーく美味しかった( ;  ; )デザートにクレームブリュレもついてたーー

また時間があったら行く。




明日もなんとか1日頑張って乗り切ろう。。

台湾


今さら春に行ってきた台湾の旅の記録を、忘れないように思い出しながら少しずつ載せていく。すでに半年前のことだから至る所うろ覚え.....気晴らしになるように頑張る。





台湾初日。


f:id:gkurukuru:20160926003041j:plain


早朝、空港を出発。エバー航空を利用。

f:id:gkurukuru:20160926003133j:plain


f:id:gkurukuru:20160926003202j:plain


チケットも飛行機も機内も、あらゆるものがキティちゃんのデザイン。すごく可愛いくてテンションが上がる。
キティちゃんを含めサンリオのキャラクターが大好きな自分の先輩なんかは、台湾自体には興味がないけれど、この飛行機に乗りたいがためだけに台湾に旅行に行きたいらしい。

f:id:gkurukuru:20160926003224j:plain


人参がキティちゃんのリボンの形。味もかなり美味しい(^^)


空の旅の間は、映画を1本観て(日本の映画は「ギャラクシー街道」だけしかなかったから、これを視聴。びっくりするくらいつまらなかった...)、少しうつらうつらしてたらすぐに台北到着のアナウンス。



桃園空港

f:id:gkurukuru:20160926003245j:plain


ここから台北駅まで、リムジンバスで移動。
バス乗り場までは目印を追って歩いていけばいいだけだから、空港の中の移動はすごく簡単。
チケットも乗り場そばのカウンターであっさり購入。カウンターの近くにあるボードで、目的地へ行くバスがどれかをチェックして、そのバスの番号を受付の人に言えば購入出来る。

f:id:gkurukuru:20160926003304j:plain


バスの中は韓国人と中国人ばかり。
日本人はなぜか自分たちのグループだけ。



f:id:gkurukuru:20160926003320j:plain

台北駅到着。日本でいう東京駅みたいなものかな。とにかく大きい!人が多い!



f:id:gkurukuru:20160926003402j:plain

宿泊したホテルはHISが提携している、グリーンワールド イン リンセンというホテル。日本語ができるスタッフさんもいる格安のホテル。場所はちょっと中心地から離れてるけど、受付の人がとても親切で何不自由なく過ごせた。
この時はセールでひとり一泊5千円くらいだったかな。

f:id:gkurukuru:20160926004042j:plain


↑ホームページの写真で見るとすごく綺麗に見えるけど、実際はめちゃくちゃ狭かった。アジアのホテルは写真と実物がちょっと違う....。まあ、建物は古い印象を受けたけど、ちゃんと掃除も行き届いていたし、ただ寝るだけの部屋で十分だから、全然オッケー。

台北駅からホテルまではタクシーを利用。日本よりはるかにタクシー代は安いから、旅行中移動は結構タクシーを利用した。


荷解きをして、ちょっとのんびりしたら、すぐにホテルを出て中心地周辺の中山駅へと出発。さっそく本場の小籠包を食べに行く!


ホテルから歩いて10分くらいのところに地下鉄があるから、そこから電車に乗って中山駅まで移動。


f:id:gkurukuru:20160926003510j:plain

地下鉄の切符の買い方もわかりやすいから、安心して買えた。



f:id:gkurukuru:20160926003530j:plain

中山駅到着。
晩ご飯の時間にしてはまだ早かったから、ぶらぶらと街を散策。
観光本を見てやってきた。

f:id:gkurukuru:20160926003547j:plain

イエローテッド。
日本人観光客がよく行くらしい美容室。
なぜかシャンプーだけしてもらうのが目的らしい。観光本にでかでかと載っていたから行ったけど、結局はただのシャンプーで、自分的には特におすすめするほどのものでもなかった。


シャンプーが終わったあとは、いよいよ小籠包を食べに料理屋さんへ!!
行ったお店は「京鼎樓」

f:id:gkurukuru:20160926003609j:plain


行列ができる有名店らしい。時間がまだ早めなこともあり、待っているお客さんは三組くらいしかいなかったから、わりとすぐに案内してもらうことができた。

f:id:gkurukuru:20160926003638j:plain


f:id:gkurukuru:20160926003656j:plain


わーい。


緑色のは、ほうれん草じゃなくて、ウーロン茶小籠包。


f:id:gkurukuru:20160926003716j:plain


うまーーい!!!



やっぱり本場の小籠包はめちゃくちゃ美味しい。ノーマルな白い小籠包も美味しいけど、ウーロン茶小籠包はそれより遥かにジューシーで美味しかったーーー。
エビ入りとか蟹入りとか、変わり種のものとか、いろんな種類があって、選ぶのも楽しいし、ついでに頼んだ空芯菜の炒め物も本当に美味しい。

f:id:gkurukuru:20160926003735j:plain



途中、来店してきた向かいの席のガタイのいい2人組の観光客が、大量に小籠包を注文していて、セイロがどんどん机の上に天高く積まれていくのを「すごいな〜」と眺めながら、のんびりと食事した。



お店を出た後は、夜の街を散歩。
物価が安いから、途中、お土産に地下鉄の駅の近くの生活用品店でいろいろ購入した。

f:id:gkurukuru:20160926003848j:plain

オーガニックのシャンプー。
なんか良さそうな感じがして。


あと、メモ帳も二冊買った。

f:id:gkurukuru:20160926003921j:plain

別に可愛くないけど安かったから。



2日目はいよいよ九份に向かう予定。
時間があったらまた続きを書く。

日曜日

 

今日は課題の合間にボクシングの試合を観てきた。

生でボクシング観戦するのは生まれて初めてだったから、どきどきしたーー。

 

しかもアマチュアの小さな試合じゃなくて、テレビでバンバンCMもやってた本格的なプロの試合。

 

それにクラスの男の子が出場するということで。

一体将来何になるつもりなのかと思いつつ、、、友達と応援しに行ってきた。

 

 

ちょうど図書館から歩いて3分くらいの場所に会場があったから時間的にも助かった。

 

 

 

f:id:gkurukuru:20160925163720j:plain

会場すごい雰囲気だったーー。

 

 

漂う緊張感。

 

 

 

 

f:id:gkurukuru:20160925163804j:plain

 

こんなにボクシングが面白いなんて知らなかった!後半のタイトルマッチ戦は、会場中大盛り上がりだった。

 

友達の試合は最初の方。

 

後の方の試合になるにつれだんだんと激しい闘いになって、選手は流血しまくりで観てて緊張しっぱなしだった。

 

 

 

学校に通いながらプロになるって、すごいなあ。

選手はみんなマウスピースをはめなきゃいけないから、プロはちゃんとした型を取ったりメンテナンスするために、歯科に通う必要があるらしく、ボクシングとの関わりがないわけでもない。

その子は将来、スポーツ専門歯科に進む気らしいと後で聞いた。

なるほど、そういう道もあるんだなあ....。

わたしと同い年だから余計に応援したくなる。

 

 

 

f:id:gkurukuru:20160925163834j:plain

 

 

 

結果は僅差で負けちゃったけど、すごくかっこよかった。

 

チケットくれてありがとう。

 

次も機会があったら見に行きたいな。